遅咲き桜

アクセスカウンタ

zoom RSS 緋寒桜の咲くころに

<<   作成日時 : 2011/02/26 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏を迎え、学校で出される課題はさて置き、スタジオでのバイトがタカシの日常になっていた。
 スタジオの効きすぎるエアコンに身震いを覚えながら、大きく欠伸をしたタカシの眠気は最高潮に達していた。
 ブライアンの脇に立っていても、恐ろしいほどの睡魔に襲われいた。
 「次、ファーとブーツ・・宜しく」 アルのスタジオ中に響き渡る声にピクリと目を覚まし少しよろめいた。
 「おいタカシ大丈夫か?」 ふらつくタカシにブライアンが声を掛けた。
 「すみません・・大丈夫です。直ぐカメラセットします」
 「夕べ飲み過ぎたか?」
 「いえっ、最近毎晩イタ電が酷くて・・・」
 「非通知拒否にすればいいじゃん・・」
 「携帯ならそうしてますけど・・イエ電なので・・留守電にはしているんですけど、結局ベル音で起きちゃうし・・それで受話器取ると無言なんで・・」
 「ニューヨーク市警に知り合いいるから相談してみるか・・」
 「いえ、そこまでは・・」 
 最近は冬物の撮影でブライアンはスタジオに泊まり込み、アパートには殆ど泊まりに来ていなかった。
 「ここもですけど・・ホームレスセンターでもヘマばっかりしちゃって・・皆に迷惑掛けちゃってます。もし今夜又来たらこっちも無言で受話器取ってやろうかと・・」
 「そうだな・・でもあんまり無理するなよ」 疲れきったタカシを気遣った。
 つづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緋寒桜の咲くころに 遅咲き桜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる